頭のフケをなくす方法とは?シャンプー方法やヘアケアの見直しについて解説

掲載日:2021.03.24 更新日:2021.03.26

この記事の監修 アンファー株式会社

フケは頭皮の新陳代謝によって発生するため、誰にでも起こりうる現象です。 しかし量が多かったり、サイズが大きかったりすると気になりますよね。 フケの原因は誤ったシャンプー方法から生活習慣まで、多岐に渡ります。 そこで今回は、フケの原因と、フケをなくすための方法を紹介します。 頭皮環境を正常に整えれば抜け毛予防にも役立つので、ぜひチェックしてみてください。

頭のフケがなくならない原因とは?

【頭皮のフケをなくす方法】適切なシャンプー選び

目立つフケは頭皮から出た古い角質が、目に見えるサイズで剥がれ落ちることで発生します。 肌の老廃物であるため、垢のようなものと捉えてよいでしょう。
通常、この老廃物は目に見えないサイズで剥がれていきます。 頭皮に何らかの異常が発生していたり、生活習慣に乱れがあったりすると、量が増えたりサイズが大きくなることがあります。

フケには脂性フケと乾性フケの2種類が存在します。
フケがべたついており、湿っている場合は脂性フケと呼ばれるもの。頭皮で常在菌が過剰に繁殖し、肌を刺激することが原因とされています。
フケが乾燥している場合は、乾性フケと呼ばれる白く細かいタイプに分類されます。頭皮が乾燥することで発生することが多いのが特徴です。

フケが出る原因には、以下のようなものがあります。

  • 間違った洗髪
  • 頭皮に合っていないシャンプーの使用
  • 頭皮の乾燥、皮脂の過剰分泌
  • 頭皮への刺激
  • 不規則な生活習慣
  • ストレス

フケの原因の多くは頭皮環境の悪化が挙げられます。 シャンプーの回数が多かったり洗浄力が強すぎたりすると、うるおいを保つ皮脂を落としてしまい乾燥を招きます。
頭皮の乾燥は乾性フケを発生させるだけでなく、皮脂の過剰分泌を起こして毛穴の詰まりや脂性フケに繋がることも。 頭皮はデリケートな部位であるため、軽い刺激や食生活などでもバランスが崩れやすいのが特徴です。

【頭皮のフケをなくす方法】正しいシャンプー方法の実践

フケをなくすための対策はまず洗髪方法の見直しから始めてみましょう。

  1. 1. 髪と頭皮を湯洗いする
  2. 2. シャンプーを泡立てて髪を洗う
  3. 3. 毛の流れに逆らうように丹念にすすぐ
  4. 4. 頭皮を洗うように2度目のシャンプー
  5. 5. 洗い残しが無いようにすすぎ
  6. 6. しっかりとタオルドライ
  7. 7. ドライヤーでブロー

フケが気になる場合に洗髪する上で必要なことは、洗いすぎないことです。 頭皮には刺激を防いでうるおいを保つためにいくらかの皮脂が必要なため、 すべて洗い流してしまうと乾燥し、頭皮のターンオーバーが乱れてしまいます。 洗髪前には髪をぬるま湯で予洗いし、シャンプーの洗浄力に頼りすぎない洗い方を試してみましょう。

お湯で汚れを落とした後は、シャンプーをしっかりと泡立てて頭皮を洗います。 爪を立てたり、力を入れすぎたりしてしまうと頭皮にダメージを与えてしまうため、指の腹を使って優しくもみ洗いしましょう。

シャンプーをすすぐ際は、髪の流れに逆らうように洗い流すのがおすすめです。 頭頂部からシャワーを当てるだけでは髪の表面を洗い流すことしかできず、すすぎ残しが生まれてしまいます。 シャンプーした時間の倍程度の時間をかけて丹念に洗い流しましょう
洗い流した後は、まずタオルドライをして水気を切ります。 ごしごしとこすってしまうと摩擦が起こり、髪に悪影響を及ぼしかねないため、柔らかく包むように乾かしましょう。 ドライヤーを当てる際は近づけすぎず、適度に距離を保って乾かします。 自然乾燥をすると雑菌が繁殖してしまい、頭皮環境が悪化するため注意が必要です。

【頭皮のフケをなくす方法】適切なシャンプー選び

【頭皮のフケをなくす方法】適切なシャンプー選び

フケの種類によって、適したシャンプーが変わってくるため、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。 シャンプーは石鹸系、アミノ酸系、高級アルコール系と大きく3種類に分類できます。

乾性フケの場合は、洗浄力が強すぎずマイルドに洗える「アミノ酸系シャンプー」を使いましょう。 脂性フケの場合、余分な皮脂を落とせるようにある程度洗浄力が強いものを選びましょう。 「脂性肌用シャンプー」といった薬用シャンプーも市販されているため、気になる場合は探してみるとよいかもしれません。

【頭皮のフケをなくす方法】頭皮オイルやローションで保湿

頭皮オイルやローションを使うことで保湿するのも効果的です。 自然由来のものや、頭皮用化粧水を用いることで安全に保湿することができます。 乾性フケの場合は保湿力のあるオイルタイプを、脂性フケの場合は刺激が少なくさっぱり感のある化粧水タイプがおすすめ。

頭皮の乾燥はシャンプーの方法だけでなく、空気の乾燥といった季節の要因や、紫外線などでも引き起こされてしまいます。 フケが出る前に、日ごろから適度に保湿する習慣を作っておくとよいでしょう。

【頭皮のフケをなくす方法】バランスの良い食事

【頭皮のフケをなくす方法】バランスの良い食事

頭皮の代謝を正常に保つためには、血行や代謝を助ける栄養素を意識して摂ることが欠かせません。 特にビタミンB群やビタミンEは代謝と血行に作用するとされており、日々の食事やサプリメントなどで積極的に摂るとよいでしょう。 レバーや魚介類、野菜、ナッツなどを食事に取り入れてみましょう。

脂性フケの場合は、頭皮の皮脂の過剰分泌が原因であるため、脂肪分や糖質を控えるのがおすすめです。 同様に、皮脂の分泌を抑えるビタミンB群をレバーや大豆から摂ると効果的です。

【頭皮のフケをなくす方法】規則正しい生活習慣

皮膚の新陳代謝を促すためには十分な睡眠が必要です。 夜22時~2時の間には成長ホルモンが多く分泌されると言われており、髪や頭皮、皮膚の健康を維持するためにはこの時間帯の睡眠が大切です。

また、運動不足で筋肉量が落ちていると、筋肉に備わっている代謝機能が低下して血行が悪化するなどのデメリットがあるとされています。 定期的な運動で適度に疲れを感じることで、睡眠の質を上げる効果も。湯船につかったり、寝る前の食事を控えたりして、入眠環境を整えることが大切です。

セルフケアでフケの症状が改善しない場合は、病院やクリニックへ相談を

脂性フケの原因は雑菌の繁殖と考えられています。頭皮の常在しているマラセチア菌と呼ばれるカビは、皮脂を栄養にして増殖します。 このマラセチア菌が過剰に増殖し、頭皮に刺激を与えると、脂漏性皮膚炎を緒ばれる炎症を起こしてしまいます。 フケが発生するだけでなく、代謝が落ちることで毛穴環境が悪くなり、抜け毛に繋がってしまう可能性も。

また、乾性フケの場合でもほかの病気が原因で発生していることがあります。 フケが大量に出て改善しないなどの場合は、病院や専門機関を受診してみましょう。

頭のフケをなくす方法はさまざま!自分に合った方法を実践しよう

頭のフケをなくす方法はさまざま!自分に合った方法を実践しよう

フケの原因は生活に起因しているものが多く、頭皮環境の状態に左右されます。 そのため、生活を改善することで対策を図ることができます。 フケが気になりだした場合は、洗髪や食生活、生活習慣を1つずつ見直してみましょう。

また、異常なフケは放置していると頭皮環境が悪化し、抜け毛に繋がってしまう恐れもあります。 目立つフケは頭皮環境のトラブルのサインです。適切なケアを行って頭皮や髪の成長を守りましょう。

この記事の監修 アンファー株式会社

○事業内容
化粧品・サプリメント・健康食品・専門医師監修によるクリニック専売品などのオリジナルエイジングケアプロダクツの研究開発及び製造・販売・卸業務。

○研究開発・製造
エイジングケア分野のNPO法人・研究団体の活動を支援するとともに、専門医師・大学機関との共同研究を通じ、研究・開発を進め商品を製造。

あなたにおすすめ記事