ミノキシジルを使ってると耐性がつくの?

掲載日:2021.01.15 更新日:2021.01.15

この記事の監修 アンファー株式会社

AGA(男性型脱毛症)の治療薬に使われ、日本のOTC医薬品の中で唯一発毛の効果を認められているミノキシジル。この薬を使っていると、効かなくなる状態「耐性」がつくといわれているようですが、本当でしょうか。ミノキシジルの基本情報から、気になる副作用、噂の「耐性」について、抜け毛薄毛にならないための日常のいろいろについて解説してあります。

育毛・発毛を促すミノキシジル。使っていると現れる「耐性」とは。

AGA(男性型脱毛症)の治療薬に使われ、日本のOTC医薬品の中で唯一発毛の効果を認められているミノキシジル。この薬を使っていると、効かなくなる状態「耐性」がつくといわれているようですが、本当でしょうか。ミノキシジルの基本情報から、気になる副作用、噂の「耐性」についてや、抜け毛薄毛にならないための日常のいろいろについてお話しします。

このコラムのポイント

  • 「耐性」の前に基礎知識1/そもそもミノキシジルって何?
  • 「耐性」の前に基礎知識2/現在流通しているミノキシジル
  • ミノキシジルを使っていると耐性がつく?
  • ミノキシジルに耐性はある? 効果が弱くなる?
  • ミノキシジルの耐性を感じた時の対処法

「耐性」の前に基礎知識1/そもそもミノキシジルって何?

1960年代、アメリカで高血圧の治療薬(降圧剤)として使われていた薬に 、「発毛」の副作用が出るものがありました。服用した患者様の薄毛、脱毛が改善されたことから研究開発が進み、改めて発毛剤として世にでることになりました。

これが、現在日本のOTC医薬品で発毛剤として承認されている唯一の成分「ミノキシジル」です。

ミノキシジルの作用機序

ミノキシジルの薬効は、血管拡張です。血管を広げると血流量も増え、血液と一緒に運ばれる栄養分も増加します。毛母細胞に栄養が多く行くため、その活動が活発化し、発毛が促されるという仕組みです。

ミノキシジルは日本皮膚学会の推奨

ミノキシジル以外に、国内で薄毛治療薬として承認されているものに、フィナステリド、デュタステリド(※1)などを主成分とする薄毛治療薬がありますが、毛母細胞に直接働きかけるのはミノキシジルだけ。その発毛効果は日本皮膚科学会の「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」(※2)にも明記され、ミノキシジルの使用を推奨しています。

(※1 デュタステリド|GSK社のAGA治療薬「ザガーロ」の成分。フィナステリド|MSD社のAGA治療薬「プロペシア」の成分)
(※2参照:日本皮膚科学会の「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017

「耐性」の前に基礎知識2/現在流通しているミノキシジル

ミノキシジルには頭皮に直接塗布する外用薬(塗りミノ)と、タブレット(錠剤)の内服薬があります。

外用薬(塗りミノ)と内服薬では、効果の強さや副作用のリスクなどが異なります。内服薬は効果も副作用も全身症状、外用薬(塗りミノ)は塗布した部分への局所的な影響が主です。
しかしこれはあくまでも一般的な傾向で、個人の体質や環境によって変わるため、一概には言えません。

現在、ミノキシジル内服薬(通称:ミノタブ)については、皮膚科や頭髪治療の専門クリニックなどの医師の処方を受けて服用するのが一般的です。

ずっとミノキシジルを使っていると耐性がつくのか?

はじめに、「薬の耐性」について説明します。

薬における耐性というのは、医薬品の反復投与によって、身体が抵抗性を獲得し、薬の効力が低下する現象のことです。簡単に言うと、「薬が効かなくなる」ということです。

耐性が生じるかどうかは、服用する人の体質やその薬剤の種類によって異なります。
糖尿病や狭心症の薬などでは、耐性が生じると治療薬を中断、或いは変更せざるを得なく、困った事態になります。

国内で販売されている市販の薬は耐性は生じない?

逆に、現在国内で販売されている市販の鎮痛薬や風邪薬などでは、耐性は生じないと言われています。耐性の可能性があるような薬は、医師の診察と処方によって入手できる処方薬の一部です。

そうはいっても、鎮痛剤や催眠剤などでよく「ずっと飲んでいたら効かなくなった」などという話はよく聞かれます。常用している薬がある人なら、耐性を感じたという人も多いでしょう。

たとえ「思い込み」と言われても、服用している本人が耐性を感じてしまえば、何らかの対策を講じたくなるものです。

このとき、より強い効き目を実感するために、たくさん薬を飲みたくなりますが「規定量以上に多く飲む」のはいけません。効き目もさることながら、予想外の副作用が強く出る可能もあるため、とても危険です。薬はたくさん飲めばよく効くという、単純なものはないのです。

薬で耐性を感じたときの対処法

では、耐性を感じてしまったらどうしたらいいのでしょう。
実は、という特効薬的な方法はなく、ちょっと休薬してみる、というのが一般的な対処法のようです。また、休薬の期間も、飲んでいる薬の種類や本人が効果をどれほど感じているかによって様々で、簡単には決められません。

同じ薬効のある別の薬に変えてみるのもよく聞く対処法ですが、そもそも、飲んでいる薬が「現在の自分の症状に合っているか」という基本的な問題もあります。

例えば、ご存知のように市販薬にはいろいろな種類があり、同じ風邪でも、咳のひどい人の飲む薬と鼻水のひどい人が飲む薬が違うのは、ご存知かと思います。

本当に症状に合った薬を服用しているのか、飲み始めた頃と比べて疾患そのものが悪化しているから「効かない」気がしているのか。それによっても取るべき対処が違い、見極めはとても難しいのです。

ミノキシジルに耐性はある? 効果が弱くなる?

さて、飲むタイプのミノキシジルの耐性についてお話ししましょう。

治療薬としてのミノキシジルは、ある程度の長い期間服用することになります。
ミノキシジルが薬物である以上、耐性があるのかもしれませんが、現時点でミノキシジルに関して耐性を裏付ける医学的な報告も根拠もないので「医学的には認められていない」というのが正しい見解です。ただ、長期間服用する使用者から「前ほど発毛効果が感じられない」といった声があがっているのも事実です。

しかし、以前ほど発毛効果が感じられないのは、ストレスや睡眠不足、髪の生え変わるサイクルなど、ミノキシジルとは無関係の原因もあり得ます。
たとえ効果が感じられなくても、必ずしもミノキシジルの耐性が原因とは言えないのです。

でも、実際に服用している人にしてみると「効果があまり感じられない」のは大問題。そしてその問題に何らか対処したいのが人間です。

内服薬(ミノタブ)のミノキシジルが医師の処方によるものであれば、効果が薄くなったと感じたらまず医師に相談するのがいいでしょう。もしかしたら、ミノキシジルが原因ではなく、もっと別の理由かもしれませんが、素人が原因を追求するのは難しいもの。医師の判断を仰ぎましょう。

重ねて言いますが、「あまり効果を感じられないのでたくさん飲む」のだけは避けましょう。

ミノキシジルの耐性を感じた時の対処法

実はミノキシジルの耐性については、医学的に耐性の有無を証明できる根拠や報告がないので、「あるともないとも言えない」というのが現在の状況です。

「じゃあないんだ」と言ってしまえればいいのですが、長期服用をすると、効果が薄くなったと感じる人がいるのも事実なようです。

ミノキシジルで異変を感じたら医師に相談しよう

では、実際にミノキシジルの効果を感じなくなってきたらどうすればいいのでしょうか。

効かなくなったと感じるのは、おそらく内服のミノキシジルでしょう。現在の日本では、内服タイプのミノキシジルは医師の処方のもとでしか服用できないことになっていますので、効果に疑問を感じたら、まずは医師に相談をしてください。

もしかしたら医学的に耐性といえるものかもしれませんし、そうではないかもしれません。極端な話、「気のせい」「思い込み」かもしれません。

医師と相談の上、いったん薬の投与をやめてみる、というのは一般的な対処法です。
また、発毛効果の高いことで知られるミノキシジルですが、耐性かと思われる症状が出たら、医師と相談してフィナステリドやデュタステリドなどを主成分とする、他の薬剤に変えてみることも一考でしょう。

薬は用法容量を守って服用しよう

余談ですが、鎮痛薬、特に頭痛薬を使い続けていると効かなくなるのを「耐性だ」と言う人もいるようですが、これは耐性によるものではなく、鎮痛薬を常用しすぎることでかえて頭痛を引き起こす、薬物乱用頭痛といわれるものかもしれません。頭痛を和らげるために飲む薬が逆に頭痛を悪化させているとしら、本末転倒です。

ちなみに、この場合の治療は、原因となっている薬の服用を中止するのが第一だそうです。もちろん、本来の悩みのタネである頭痛に対処する治療も行われますが、まずは薬によって引き起こされている頭痛を無くすことが先決です。

痛みのための鎮痛薬や風邪薬、胃腸薬などに比べて、ミノキシジルが薄毛治療に使われるようになってまだ年数も浅いため、医療界でも把握できないことがあります。自己判断は避けるようにしましょう。

<おわりに>

ミノキシジルに耐性があるのか、あるのならどう対処すればいいのか。
このコラムではそれらについてお伝えしてきました。

ミノキシジルの耐性については「あるともないとも言えない」という曖昧な表現でしか語れないのが現状です。このあたりは、今後のさらなる医学的研究の発展を待つしかありません。

万一、服用中に「発毛効果が以前ほど感じられなくなった」と感じたら、医師に相談し、ひとまず休薬する、他の種類の薬に変えるなど、手だてを講じてみるのもいいかもしれませんが、
睡眠時間は足りていますか?
不規則な生活を送っていませんか?
ストレスは?
毛髪には生え変わるリズムがありますが、そのリズムの影響とは考えられませんか?
シャンプーや整髪剤が合わないということはありませんか?

ストレスのない、規則正しい生活を送ることも健全な頭皮のためにはとても大事です。
ミノキシジルの耐性を感じたら、ご自身の生活をいま一度見直してみることもおススメします。

この記事の監修 アンファー株式会社

○事業内容
化粧品・サプリメント・健康食品・専門医師監修によるクリニック専売品などのオリジナルエイジングケアプロダクツの研究開発及び製造・販売・卸業務。

○研究開発・製造
エイジングケア分野のNPO法人・研究団体の活動を支援するとともに、専門医師・大学機関との共同研究を通じ、研究・開発を進め商品を製造。