ヘッドスパの効果とは?自宅でできるやり方を紹介します

掲載日:2020.06.05 更新日:2020.06.08

この記事の監修 アンファー株式会社

頭皮をすっきりさせるために、ヘッドスパを自宅でできたら…と思っている方もいるかもしれません。必要なものを用意して、やりかたを覚えれば自宅でも簡単にヘッドスパができます。そこで今回は、ヘッドスパの効果や自宅でのやり方、炭酸水や家電などを使ったヘッドスパについてご紹介します。

ヘッドスパの効果とは

  • 頭皮の血行促進
  • パーマやヘアカラーによるダメージ防止
  • リラックス効果
など

頭皮の血行促進

炭酸水を使ってヘッドスパをすることで血流を促進し、必要な栄養素を頭皮にしっかりと行き渡らせる効果が期待できます。
炭酸水に含まれる二酸化炭素は微細なため、肌に吸収されやすい特徴があります。また二酸化炭素を排出する際に、血管を拡張させ、血流が活発となり毛根への酸素・栄養が多くなるのです。

パーマやヘアカラーによるダメージ防止

パーマやヘアカラーをした後に、頭皮や髪のダメージが気になった、という経験がある人も多いのではないでしょうか。これは、パーマやヘアカラーで使用する液剤で頭皮が刺激を受け、髪も痛みやすくなってしまうためです。

炭酸水は頭皮と同じ弱酸性なので、炭酸水でヘッドスパをすることで健康な頭皮を維持し、さらにヘアカラーの色が落ちにくくなるといった効果も期待できます。

リラックス効果

一度、炭酸水でヘッドスパをするとやみつきになる、という人がいるほど、施術後に爽快感があります。ヘアケア効果はもちろん、リラックスやリフレッシュもでき、ストレス解消に繋がるケースもあるでしょう。

自宅で出来る!ヘッドスパに必要なもの

  • 無糖・無香料で常温の炭酸水 500ml~1L
  • 空のペットボトル容器 500ml 1本
  • シャンプー
  • トリートメント
  • ブラシ

自宅でも、上記のものを揃えることで手軽にヘッドスパをすることができます。お風呂場にあるものが多いため、炭酸水・ペットボトル以外は特に準備しなくても揃っているのではないでしょうか。

自宅でのヘッドスパの手順

  1. ①ブラッシング
  2. ②頭皮のマッサージ
  3. ③炭酸入りシャンプーを作る
  4. ④シャンプー
  5. ⑤炭酸水を使い、すすぎをする
  6. ⑥トリートメント

①ブラッシング

通常のシャンプーと同様に、髪を濡らす前にブラッシングをして、髪や頭皮についた汚れを落としていきます。

毛先に向かって一通りブラッシングしたら、髪の毛の流れに逆らうように、頭頂部へ向かってブラッシングをしてみましょう。こうすることで、汚れが浮き上がり、ヘッドスパで取り除きやすくなります。

また、ブラシの毛先は優しく頭皮に当て、マッサージするようにブラッシングすることで、毛穴汚れが浮いて洗いやすくなります。

②頭皮のマッサージ

ブラッシングが終わったら、髪を濡らし、頭皮をマッサージしましょう。指の腹を使って頭皮全体を揉みほぐし、毛穴の汚れを浮かせます。

1分ほど揉みほぐしたら、指でつまむように頭皮をトントンとたたいてください。頭頂部は親指以外の4本の指で、ゆっくりと押し込むようにしましょう。こちらも1分程度行います。

③炭酸入りシャンプーを作る

空のペッドボトルに約50mlの炭酸水を入れ、シャンプーを1プッシュか2プッシュ追加して、蓋をしてよく振りましょう。事前に作ると炭酸が抜けてしまうことがあるので、シャンプーする直前に作るのがポイントです。

④シャンプー

よく振った炭酸水シャンプーは、ペットボトルの中で泡立っているはずです。手に取り、泡を頭皮につけシャンプーしましょう。
爪を立てないように注意しながら、生え際から後頭部に向けて、指の腹を使い優しくマッサージするようにすると、汚れを上手に落とすことができます。

⑤炭酸水を使い、すすぎをする

シャンプーのすすぎには、最後に炭酸水を使います。顔を下に向け、炭酸水を直接ペットボトルから出すようにかけていきます。すすぎ残しがないよう、側頭部、生え際など気を付けて行いましょう。

⑥トリートメント

炭酸水で汚れをしっかりと取り除いたら、最後にトリートメントをしましょう。
トリートメントは、普段使っているもので構いません。お手持ちのトリートメントの使用方法に沿って正しく使い、髪を保護してください。

炭酸水を使ったヘッドスパの効果

炭酸水を使いヘッドスパをすると、炭酸水に含まれる二酸化炭素が皮膚から吸収され、血管を拡げる効果があると言われています。

頭皮の血行不良は、健康な髪の毛を育てる毛母細胞へ栄養を届けにくくし、さまざまな悪影響を与える可能性があることから、炭酸水を使い、血行を良くすることで頭皮の健康を保つことも期待できるでしょう。また、炭酸水の気泡は古くなった角質や皮脂を取り除く作用もあります。そのため、頭皮環境を清潔に保つことも期待できるでしょう。

炭酸水以外も!その他のヘッドスパ

解説した炭酸水ヘッドスパの他にも、自宅で出来るヘッドスパがあります。

  • 家電を使ったヘッドスパ
  • クリームを使ったヘッドスパ
  • オイルを使ったヘッドスパ
など

家電を使ったヘッドスパ

ヘッドスパ家電がたくさん販売されていますから、これらをうまく活用することで、頭皮を良い状態に保つことができるでしょう。手でマッサージすると疲れる、とおっくうになっている人も、頭皮に当てるだけで、自動でマッサージできるので簡単です。サロンに行かなくても、自宅で都合の良い時にヘッドスパができるのもメリットですね。

クリームを使ったヘッドスパ

植物性オイルやエキスを多く含んだ保湿性の高いクリームを使用して行うヘッドスパもあります。インドネシアで主流のクリームバスと呼ばれる頭皮マッサージは、頭皮の乾燥改善はもちろん、クリームに含まれる成分が頭皮の角質や毛髪に浸透するため、髪を綺麗にする効果も期待できます。

オイルを使ったヘッドスパ

額に人肌に温めたオイルを垂らし続け、頭皮をデトックスする効果を訴求するシロダーラと呼ばれるヘッドスパがあります。オイルを額に30~40分ほど垂らし続けられる間に瞑想状態に入り、緊張や不安などが緩和されることも。
垂らしたオイルは頭皮のトリートメントとして使用しますから、髪にツヤもでるでしょう。

ヘッドスパの効果を知り、自宅でもヘッドスパをしよう

ヘッドスパの効果や、自宅で行うヘッドスパのやり方をご紹介しました。炭酸水は、頭皮や髪への良い影響だけでなく、爽快感やリラックス効果も期待できます。特別な道具も必要ありませんから、ぜひ一度試してみましょう。

また、家電やクリームなどを使ってヘッドスパをすることができます。自分でマッサージをするのが疲れる、という場合にはお手軽に家電を使うのもおすすめです。

頭皮環境を改善することもできますから、自分にピッタリのヘッドスパ方法を探しましょう。

この記事の監修 アンファー株式会社

○事業内容
化粧品・サプリメント・健康食品・専門医師監修によるクリニック専売品などのオリジナルエイジングケアプロダクツの研究開発及び製造・販売・卸業務。

○研究開発・製造
エイジングケア分野のNPO法人・研究団体の活動を支援するとともに、専門医師・大学機関との共同研究を通じ、研究・開発を進め商品を製造。